ひじりんのひつまむしブログ

現役システムエンジニアのゲームやら映画やら技術やら・・

git のブランチ名を変更

 

カレントでないブランチ名を変更する方法

カレントでない場合は、下記で変更

git -m [旧ブランチ名] [新ブランチ名]

 

カレントのブランチ名を変更する方法

カレントの場合は、下記で変更

git -m [新ブランチ名]

 

git push で失敗した場合の対処法

 

git push で失敗(error: RPC failed; curl 92)

git push すると、下記のエラーが発生する場合がある

error: RPC failed; curl 92 HTTP/2 stream 0 was not closed cleanly: CANCEL (err 8)

 

この場合は、

httpプロトコルのバージョンを下げることで解決

git config --global http.version HTTP/1.1

 

それでも失敗(error: RPC failed; curl 18)

こんどは、下記のエラー

error: RPC failed; curl 18 transfer closed with outstanding read data remaining

 

この場合は、httpプロトコルのキャッシュサイズのようで

そのサイズを変更することで解決

git config --global http.postBuffer 524288000

 

私の場合は、上記でなんとか push 成功できました

Gitで、ファイルを履歴から消す方法

 

ファイルを誤ってcommit

大きいファイルやバイナリをcommitしてしまった場合

削除してcommitしても、履歴にはのこる

100Mを超えたようなファイルは、GitHubだとエラーになってしまう

どうしても、履歴から「なかった物」としたいケースもある

 

履歴から削除する方法

履歴から削除する場合は、下記の手段がある

#git filter-branch --tree-filter "rm -f [削除したいファイル]" HEAD

これで削除できる

 

削除時のエラー

削除するときに下記のエラーがでる場合は、.git フォルダのある

トップのディレクトリでないため、トップディレクトリに移動してから

パス付で呼び出すとよい

You need to run this command from the toplevel of the working tree.

 

フォルダを削除する場合

フォルダを削除するには

#git filter-branch --tree-filter "rm -f -r [削除したいディレクトリ]" HEAD

となる

 

2回目以降にエラーとなる場合

2回目を実施しようとすると、下記のエラーが発生する場合がある

この場合は、filter-branch に -f オプションをつけると解決する

Cannot create a new backup.
A previous backup already exists in refs/original/
Force overwriting the backup with -f

 

 

 

apache vhostの確認方法

 

仮想ホスト

一つのサーバ上で、ドメインに関する記述を記載でき

また、複数のドメインを記述することもできます

ホストは通常、サーバで決まっていますが

サブドメインのように、用途に分けたりするときに

用いられるのが仮想ホストです

 

apacheの設定

/etc/httpd/conf.d の下に、xxx.conf を設け

そのファイルに記述

<VirtualHost ipアドレス:ポート>

     DocumentRoot /var/ww/html

     ServerName xxx.net

</VirtualHost>

 

仮想ホストの確認方法

確認するには、下記のコマンドで実施できる

httpd -t -D DUMP_VHOSTS

また、httpd の変わりに、apachectl を使うことも可能

apacheclt -t -D DUMP_VHOSTS

 

複数を記述したい場合

複数の違ったドメインを管理するには

conf ファイルを分ける、もしくは、VirtualHost の記述を複数記載する

<VirtualHost ipアドレス:ポート>

     DocumentRoot /var/ww/html1

     ServerName xxx.org

</VirtualHost>

<VirtualHost ipアドレス:ポート>

     DocumentRoot /var/ww/html2

     ServerName xxx.net

</VirtualHost>

 

tomcat(ajp)でアプリケーションを切り分ける場合

各VirtualHostないに記述すればよい

<VirtualHost ipアドレス:ポート>

     DocumentRoot /var/ww/html1

     ServerName xxx.org

     ProxyPass /yyyy/ ajp://localhost:8009/yyyy/

</VirtualHost>

<VirtualHost ipアドレス:ポート>

     DocumentRoot /var/ww/html2

     ServerName xxx.net

     ProxyPass /zzzzz/ ajp://localhost:8019/zzzzz/

</VirtualHost>

FireFoxでのペースト機能

コピー&ペーストのブラウザ対応

対応はブラウザによって異なり

Chrome

〇 Edge

SafariMac版)

× FireFox

FireFoxでペーストを有効にする方法

試験的にペーストを対応させる方法があり

1)アドレス入力欄に「about:config」を入れる

f:id:hijirinhima:20220323093437p:plain

 個人責任で、「危険性を承知の上で使用する」を押下

f:id:hijirinhima:20220323093602p:plain

 「変更された設定のみを表示する」に一度チェックして、外すと

 全項目が表示される

 

手順2)

 「dom.events.a」あたりまで入れると、下記の3つが表示

f:id:hijirinhima:20220323093819p:plain

 

手順3)

 これらを、右の双方矢印を押して、true に変える

  • dom.events.asyncClipboard
  • dom.events.asyncClipboard.clipboardItem
  • dom.events.asyncClipboard.read

 

これで貼付けできるようになります

JavaScriptの比較と論理演算

比較

&& や || は比較演算子で、ture or false を返す

論理演算

一方、& や | は、論理演算で、ビット単位の演算結果を返す

JavaScript

JavaScript の場合、型がないため

var val1 = ture && ture;

var val2 = true & ture;

で、各型を見てみると

typeof(val1) : "boolean"

typeof(val2) : "number"

当たり前といえば、当たり前だが、たまに、忘れてしまう

 

ブラウザによるキャッシュの強制リロード

強制リロード

ブラウザで開発していると、JavaScriptCSS といったキャッシュをクリアしたいケースがある。

FireFox

Ctrl + F5

Chrome

Shift + F5

PVアクセスランキング にほんブログ村